メキシコで行きたい”おまかせ”レストラン

Advertisements
メキシコ

どうもこんにちは、タイムトラベラーです(適当)

 

ゴールデンウィークあたりにサンフランシスコへ行く予定なのですが、ちょうど友人がメキシコの日系企業で働いているので、彼と一緒に訪ねに行くことにしました。楽しみだナー!


Advertisements

メキシコのグルメ情報を探す

そんなわけで、2人でちょっとずつ情報を集めていたのですが、動画大好きモンスターの彼は大抵YouTubeから情報を拾ってきます。

「YouTube好きだねー」と言うと、曰く「記事と違って情報を探すのが楽」とのこと。ミレニアル世代かよ。私よりよっぽど頭のやわらかい34歳。

おすすめチャンネル

彼のお気に入りはこちら「Eater」というチャンネル。

Eater
Eater is the one-stop-shop for food and restaurant obsessives, coming to you from 24 cities across North America with new adventures around the world. Our mi...

Eater is the one-stop-shop for food and restaurant obsessives, coming to you from 24 cities across North America with new adventures around the world. Our mission is to bring the most delicious food content ever — with features, explainers, animations, recipes, and much more. So get hungry! …and don’t forget to subscribe http://goo.gl/hGwtF0 and stay tuned for new content weekly.

Eaterは世界中で新たな冒険しつつ、(主には)アメリカの24都市からお届けするフード・レストラン中毒のためのワンストップショップ!私たちのミッションは、今までで一番美味しいごはん情報をお届けすること−−(そのごはんの)特徴、解説者、生き生きとした動画、レシピ、そして更なる情報と一緒にね。だからお腹すかせて待ってろよ!…で、このチャンネルの登録も忘れずにね。http://goo.gl/hGwtF0 新鮮な週間コンテンツを観るなら、チャンネルはそのまま!
https://www.youtube.com/user/eater1/about

ワンストップショップ:一カ所で全ての買い物が済む場所。ここでは、食べ物に関する情報はこのチャンネルで十分です!という意味。

どうやら彼は、空いた時間には世界中のグルメ情報をこのチャンネルでチェックし、次のバケーションへ気持ちの準備を整えている模様。暇かよ!

流行るOMAKASE (おまかせ)

最近はアメリカでもsushiの流行に伴って「おまかせ」レストランが流行っており、その名の通り「omakase restaurant」というカテゴライズのお店が増えています。

 

日本食に限らず色々なレストランで「omakase」自体は流行ってきているようですが、やっぱり主には寿司ですね。

 

ちょっと前まではアメリカ人の言うsushiはカリフォルニアロールみたいな大味なものにアレンジされることが多かったようですが、最近ではアメリカ人の舌も洗練されてきて、いわゆるJapanese sushiも流行ってきてるのだ!とは、彼。

どこもクソ高いな

Googleでレストラン検索時に出る$マークは平均のお会計額を示しています。これはサードパーティのデータを元にしているようなので、$1つではいくら!という絶対の基準は無いようです。
所感では1人あたり2万以上すると$$$$になりますね。

https://productforums.google.com/forum/#!topic/maps/YLuvvJHyq0k
https://www.quora.com/What-exactly-do-the-price-indicators-mean-in-Google-restaurant-listings-and-does-it-depend-on-the-part-of-the-country

 

そして今回ご紹介に預かったのがこちらの2本。

メキシコの「OMAKASE」SUSHI レストラン

Master Sushi Chef Daisuke Maeda Serves his Baja Fish Omakase in Mexico City — Omakase

うーんうまそう。

基本は日本の寿司と同じだけど、素材がpresented byメキシコだから、そこでしかできない味に自然とアレンジされていくんですね。

魚のトリビアとかも話してくれててちょっと面白い。
そして当たり前だけどキッチン用品が寿司屋っぽくなくて面白い。

トリップアドバイザーのページはこちら

▼レストランのFacebookページ

Sushi Kyo
Sushi Kyo、メキシコシティ - 「いいね!」2,350件 - Edo Mae Sushi. Rokai Kobayashi / Edo Kobayashi Group

 

メキシコの「OMAKASE」YAKITORIレストラン

Master Yakitori Chef Shigetoshi Narita is using Mexican Flavors in His Grilled Meat

この動画見て最初に思ったのは「私も鶏をさばいてみたい」でしたがそれはともかく。

 

寿司と比べたら焼き鳥の方がアレンジの幅が広くて面白い。見ていて飽きません。

 

そんでもって動画に出てくるMoleはあれですね、ワカモレの「モレ」。広くはメキシコ料理で使われるソース全般の意味のようですが、Mole単体では特定の料理を指すみたいです。

▼参考させていただきました🙏

メキシコのソウルフード!?「モレ」をひもといてみた
私は長年メキシコ人と話していて、とても気になっていることがある。 それは「モレ」のことである。メキシコ料理の話をしていると「あれもいいけど、これもいいけど、やっぱり“モレ“を食べさせてあげたい。」とか「モレ、知ってますか

 

コメント欄を見てみると、「味噌とモレだなんて…天才かよ」みたいなのがあってウケる。

トリップアドバイザーのページはこちら

現地とのコラボレーション

ほへーみなさんいろいろ工夫してやってらっしゃるのね。

 

思えばベトナムのハノイでも、フランス人がやってるフレンチのお店がたくさんありました。私たちが入ったところでは、すずめのコーヒーソース添えみたいな料理を食べたのですが、ただ美味しいだけじゃなくて、面白かったです。

料理はお腹を満たすだけじゃないんだな、と。

 

母国の伝統的な料理をそのまま!というのも素敵ですが、母国の料理を現地のテイストとミックスさせたレストランは、食の新しい味を発見することができるので、作る方も食べる方も、そして観る方も楽しいですね。

 

あと全然関係ないですけどトリップアドバイザーの自動翻訳で訳された日本語が面白くて見てるの好きです。