私がAirPodsをめちゃくちゃおすすめする6つの理由

Advertisements
airpodsTIPS

今日もお疲れ様です。

 

最近になってなぜかAirPodsを買ったのですが、
思った以上に感度が良くてテンション爆上げです。

AirPodsってなんぞ?という方。こちらです。

巷では耳からうどんだとかマカロニだとか好き放題言われてて、かくいう私もAppleのイヤホンは懐疑的だったんですよね。

BluetoothイヤホンはもともとSonyのを使ってて、カナル型(耳にぶっ刺す耳栓型)に慣れてましたしおすし……

こちらもなかなかおすすめです。

 

私は正直音の良さとかあまりよくわからず、それ故特にイヤホンにはこだわりもないかわいそうな耳の持ち主なのですが、AirPodsに関してはめちゃくちゃ感動してもうなんか嬉しくていろんな人にAirPods使って電話しまくった(迷惑)のでこれを読んでいるあなたにもぜひおすすめしたいです。

 

私がAirPodsをめちゃくちゃおすすめする6つの理由

 

Advertisements

メリット

接続がめちゃくちゃ早い

iPhoneを使っている人ならなおさらおすすめしたいんですけど(なんならiPhoneユーザーにしかおすすめできないですけど)、まじで接続スピードは生き馬の目を抜く勢い!

ケースのふたを開けた瞬間にドゥルン!って音がして勝手につながります。(語彙)

面倒な接続の設定不要!

たまに片耳だけで聴きたい時とかにBluetoothの設定からAirpodsを選択するくらいかなあ。

 

感度がめちゃくちゃいい

接続面

私は電話する際、顔の脂がついて画面が汚くなるので電話はイヤホンでするって決めてるんですね。

それでBluetoothのイヤホンを使ってたんですけど、やっぱり規格の問題か、他社のイヤホンは音楽・通話(電話)・通話(LINEなど)で設定が異なっていたりして、電話の時は謎にイヤホンが使えなかったりしたんですよね。それがすごく不便に感じていて。

 

AirPodsはそういうのが全然ないですね。耳に差したら全ての音声はもうAirPodsから!ってな感じで電話のスピーカーからの音声出力なのか、はたまたイヤホンなのか混乱することがないです。

 

音声面

何で耳に挿しただけなのに声まできちんと伝わるんだ!すごい!

 

と、買った当初はやたらSiriに話しかけたり、やたら友だちに電話したりしました。イヤホン2回タップするとSiriが起動するよ!もう全然使わねーけど!

 

電話口での友人の評価もかなり高くて、私の音声はすごくクリアに聞こえるとのこと。私も聞いてみましたがめちゃくちゃいいです。やっぱり高いだけあるわ……。

 

そしてこれはプラスαでのおすすめなんですが、AirPodsを買うと音声入力がはかどります。
精度がいいので、手で打つのが億劫な時や部屋で一人の時など、簡単なメッセージはもう音声入力しちゃってます。もう手軽も手軽!

 

そして英語の勉強にもなります。

日本語での音声入力やっていると実感することなんですが、これまじで精度高いんですよね。

 

だから今までは英語の音声入力でトンチンカンな文字列が出てきた時、機材なりシステムのせいにしてたんですけど、日本語でこんなに精度高いとそれらのせいにもうできないっす。笑

そんな訳で、英語で音声入力していると正しい英語発音を練習できます。オンタイムで「おめーの発音こう聞こえるよ」ってフィードバックが返ってきます。画面上に。つらい。

自動ON/OFF

普通のBluetoothイヤホンはイヤホン自体に電源ボタンが付いていると思うんですが、AirPodsはセンサーで耳を感知し、ONになる仕様なので電源をONする必要がありません。めちゃ手軽!!

 

そうそう、よくポケットの中で勝手にONになってて電池めっちゃ消費しちゃってたみたいなことあったなあ……。案外萎えポイント。

 

だから逆に言えば、イヤホンをケースから出して手でニギッってしてもONになります。

私はちょっとの間だけ片耳で音楽を聴きたい時なんかはもう片方のイヤホンを手でニギッってしてます。

案外落ちない

iPhoneに付属のイヤホンを使った時の印象は「なんかフィットしないしよく落ちるなあ……」って感じだったんですよね。

むしろ、その印象が拭えなくてAirPodsを敬遠してたとこ、ある。

 

私は朝ランニングをしているので、その間も音楽を聞いているんですが、この1カ月でランニング中にイヤホンが落ちたことは1度もないです。

 

そして慣れるとカナル型じゃなくても案外いけます。というかそれ以上のメリットが多すぎて……

そしてカナル型イヤホンから卒業すると、、ヤツら特有の「ぷにぷに」がどこかに消える輪廻からの解脱ができます。

 

あいつらすぐにポケットとかカバンの奥底に消えてくんだよな……。

持ち運びに便利

AirPodsは「イヤホン自体の持続時間が短い代わりにケースで充電」ができたり、「ボタンがない代わりにシンプル」など、機能の区分けで差別化が成されています。

 

なのでイヤホンはとにかく軽い!

 

そして使っていない間はケースで充電できるので自然とケースにしまう癖がつくので、あんなに小さいのに無くす暇がありません(安堵)

ただ、これはコードレス式のBluetoothイヤホン全てに言えることでもありますね笑

 

SONYのイヤホンもケースがかなりイケてるのでテンション上がります。

BOSEはでかすぎ笑 でも音マニアには愛されてるね!いい音聴くにはしょうがないんだろうね!
BOSEのこれは低音めちゃくちゃよくてダンチだけど、アプリ入れなきゃいけなかったり初期設定が面倒なんだよな……

 

なんかイケてる

語彙が貧弱過ぎることは許してくれ!

 

AirPodsを使い始めて気がついたことなんですけど、外国人のAirPods使用率はかなり高いように思います。ジム行っても外国人の方の方がAirPods使ってる人はよく見ますね。

別に外国人が使ってるからイケてる訳ではないですけど、その……なんていうか……私はジムでよく見るから……マッチョな男性がつけてるものは良く見えるというか……(おい)

 

銀座でも中国人ぽい人がよくAirPodsつけて歩いてるのを見ます(当社比)。
要は、テクノロジーの感度が高い人がイケてる人に見えるっていう私の偏見です!

 

あと上記の通り、感度高いわ軽いわでAirPodsめちゃくちゃいいので(当社比)街中でつけてる輩を見ると「おっ!お前もか!わかってんな!!」という感じになります。

デメリット

遮音性が低い

やっぱりカナル型と比べると遮音性は低いですね。音漏れは気になったことないですが(だって私がつけてるから)、カナル型と比べて出力音のレベルは大きくしないと十分に聞こえないですね。

まあ大きくしたからといってめちゃくちゃ電池の消費が激しいという訳でもないのでそんな問題でもないんですけど。外界の音はカナル型の方がシャットできます。

低音が弱い

これもカナル型の強みだと思うんですけど、AirPodsは低音はそんなに綺麗に出ないです。音にこだわりのない私でさえそう思うんだからほんとうです(真顔)。

 

その代わり高音は綺麗に出るのと、空間的な音は綺麗に出るイメージですね。あくまでイメージです。耳悪いんであんまり参考にしないでくださいほんとうにすみません。

片耳で使いにくい

たまにレジでお会計をする時とか、友達が話しかけてきた時とか、ちょっとの間片耳だけイヤホンを外すことがあると思うんですけど、AirPodsだとそういう時に外していない方の音声もOFFっちゃいます。まあシーンを考えると結局はそれでいいんだろうけど……笑

片耳だけで聴きたい時は、

  1. 最初から片耳だけで音声を再生しはじめる
  2. 両耳だったのを片方だけ外す→Bluetoothの設定から再接続後、音声を再再生

の2パターンですね。

これはちょっとだけ不便かも。

音量がイヤホンで変えられない

音量がイヤホンで変えられないのがちょっと不便です。

これ、Apple Watch使ってたら解消なのかなあ。腕には普通の時計をつけたい美学を持っているのでAppleWatch普段使いはあんまり考えたくないなあ。今つけてるの、お父さんから誕生日にもらった時計だしなあ……

 

とにかく、チャリ乗ってるときとかランニングしてる時とか、ケータイを手元に出せない時に音量が調節できるとめちゃくちゃいんですけどね。

まあその機能を排除しているおかげでこんな軽さが実現してるんだとは思うんですけど。なんとかしようと思えば多分なるやん!?テクノロジーで!(人頼み)

まとめ

そんな訳でAirPodsの愛を語っちゃいました。もうめちゃくちゃ重宝してます。多分無くしたり壊したりしても速攻でAirPods買っちゃいます。

懐疑的な人はちょっと友達で持ってる人とかに借りて使ってみてくださいな!

 

 

まわりにそういう人いなければ私が貸すから!!笑

 

TIPS
Advertisements
大川をフォローする
いつもお世話になっております
タイトルとURLをコピーしました