ネイティブの助け無しで英語のスピーキングを上達させる14の方法

Advertisements
ENGLISH

どうも、かわいいデブです。
2週間の旅行で3キロ肥れることを実証しました。アメイジング。アメイジングデブス。

さて、今日は良さげなサイトを見つけたので紹介します。

いきなり私の話で恐縮ですが、最近英語力が伸び悩んできました。
TOEICは745点。日常会話はそこそこ、伸びしろ=∞
現在の課題は、浅く広く全般にあります。

そりゃ、一般的な日本人よりは英語ができるかもしれませんが、
リスニングは早いと聞き取れないし、リーディングは読むのが遅いし、ライティングは慣れてない。

現在パートナーとは英語でやり取りしているのですが、いかんせん同じフレーズばかり使ってしまって、たまにちょっと複雑なことを話そうとするとたちまち言葉に詰まってしまいます。
完全に中級者の域を出ないんです。すっごくコンプレックス。どうでもいいけどコンプレックスって恐竜の名前っぽい。

そして留学のためにお金を貯めたいのでできれば自分で勉強したい……

そんな迷える子羊が震える手で検索窓に「speaking practice english」と入力したのが昨日の朝。
所感ですが、英語で検索した方が中級者向けの情報に出会える気がしますね。

そうして検索結果のトップに躍り出たのがこの記事。
14 Methods for Improving Your Spoken English Without a Speaking Partner

Fluent Uというブログで、
「English language and culture blog」ということで
英語と英語圏文化について特化したブログみたいです。

中級者の私にできることといえば、
自己流の勉強法を公開するというより英語の記事を紹介して結果どうだったかということだと思うので
これ1つ、チャレンジしてみたいと思います。
ついでに誰かの役に立てばいいなぁ。

※退屈しちゃうのでできるだけ私の文体に寄せました。なので意訳です。大きな間違いがあればご指摘いただけますと幸いです。

How to Improve Spoken English (Without a Speaking Partner!): 14 Incredible Methods
We all want to know how to improve spoken English.But for some of us, there's a big obstacle.To improve English speaking, the best thing to do is to talk with a...

14 Methods for Improving Your Spoken English Without a Speaking Partner
ネイティブの助け無しで英語のスピーキングを上達させる14の方法

So, you’re all by yourself. Forever alone.
あんたは永遠に1人。勉強は全部自分一人の力でやらなきゃいけない。

Okay, maybe you’re not forever alone, but right now you need to practice English alone.
っと、いきなりめんごめんご🙏もしかしたら永遠に1人なんてことはないのかもしれないけど、とにかく今は英語を1人で練習しなきゃならないんだよね?

How can you practice speaking English without anybody else to help you?
どうすれば、英会話の相手なしでスピーキングを練習できるんじゃろか。

Writing, reading, listening—these skills can all be practiced alone. Easy.
ライティング、リーディング、リスニング……こういうスキルは1人で勉強できるよね。それはもう簡単。イージー。イージーモードですよ。

Well, you can already write beautiful sentences. You memorized hundreds of vocabulary words.
もしかしたら、あなたはすでによろしい文章を書けるのかもしれない。何百にも及ぶ語彙もちゃんと覚えてて言うことなし!

But when you open your mouth to speak, nothing comes out!
けど、ひとたび口を開くとなると……はっ!何も出てこない!なってこった!(白目)

All the books, websites and apps in the world can’t help you learn how to speak English fluently.
世界中のどんな本も、サイトもアプリも、英語をペラペラに話せるようになるかということに関してはことに役に立たん。

To improve your spoken English, the best thing to do is to talk with a native speaker.
英会話を上達させるには、ネイティブと話すのが1番。

Sometimes we don’t have that option though! What if you don’t know anyone who speaks English? What if you don’t have time? What if you simply don’t feel confident enough yet to practice with a native?
けど、そんなオプションないよねーーー⁉︎
英語話す人が周りにいなかったらどうすんねん。
時間がなかったらどうすんねん。
てか単純にネイティブと話せるほどの英語力がまずねーよ!

Don’t worry. You can still improve your spoken English, even without a speaking partner.
というあなた。朗報です。ネイティブのサポートなしでもスピーキングは伸びます。(迫真)

We’re going to explain how. No speaking partner? No problem!
ってことでどうすればいいのかを説明するよ。NO スピーキングパートナー? だいじょびだいじょび!

Advertisements

1. Think in English
英語で考えよ

Sometimes the difficult thing about talking in a new language isn’t the language itself, but how you think about it.
始めたばかりの言語で話す小難しい内容は、言葉そのものよりも、その概念が問題であることばしばしば。

If you think in your native language and then try to speak English, you’ll always have to translate between languages. Translating isn’t an easy thing to do! Even people fluent in two or more languages have trouble switching between languages.
もし日本語で考えた文章を英語にするとなると、常に翻訳という作業が必要になっちゃうよね。でも翻訳ってそんな簡単なことじゃねーんだよなめんな。たとえ2つの言語がペラペラの人だって、それらを翻訳しようとするとかなり大変なんだよ。

The solution is to think in English.
じゃあどうすればいいのか、っていうとつまり、英語で考えればいいってこと。

You can do this anywhere, anytime. Try to use English when you’re thinking about your day, or when you’re trying to decide what food to order. Even try to use an English to English dictionary to look up words. That way you never have to use your native language and translate words. You’ll notice that when you think in English, it’s easier for you to speak in English.
これならいつでもどこでもできる。今日の出来事を思い返すとき、あるいは何をオーダーしようか決めているとき、英語で考えてみよう。英語の辞書で単語を探すときでも、英語で考えてみるんだ。それなら、日本語を使うという工程も、並びに翻訳するという工程もこともありゃーしません。英語で考えると、今までより英語を話すのが簡単になってることに気づくはずだよ。

2. Talk to yourself
自問自答

Whenever you’re at home (or alone somewhere else) you can practice your English with your favorite person: yourself.
家にいるとき(あるいはどこかに1人でいるとき)いつでも、超気があう人と英語の練習ができます。超気が合う人?そう、あなたです。あーなーた。

If you’re already thinking in English, try speaking your thoughts out loud. Read out loud, too. Practice is practice, and even if you don’t have anyone to correct your mistakes, just the act of speaking out loud will help you become more comfortable speaking English.
もし既に、頭の中で英語で考えることができるようになっているなら、自分の考えを声に出して言ってみよう。大きな声で声に出す。出すんや!!
そして練習に練習を重ねる。たとえミスを指摘してくれる人がいなくても、大きく声に出すというただそのアクションがスピーキングへの自信につながるはず。

3. Use a Mirror
鏡よ鏡よ鏡さん

Whenever you can, take a few minutes out of your day to stand in front of the mirror and speak. Choose a topic, set a timer for 2 or 3 minutes and just talk.
時間が空いた時はいつも、鏡の前に立ち、英語で今日の出来事を話す時間を2、3分、作ろう。お題を決め、タイマーを2、3分セットしたらただ話すだけです。「Hey Siri, set a timer for 3 minutes!!」

The point of this exercise is to watch your mouth, face and body language as you speak. It also makes you feel like you’re talking to someone, so you can pretend you’re having a discussion with a study buddy.
ここで大事なのは話している時の自分の口元、顔、そしてボディランゲージを見るということ。また、鏡に向かって話しかけているとまるで誰かに話しかけているように感じ、勉強の相方とディスカッションしているかのような模倣ができるんです。

Talk for the full 2 or 3 minutes. Don’t stop! If you get stuck on a word you don’t know, try expressing your idea in a different way. You can always look up how to say that word after the 2-3 minutes end. This will definitely help you find out what kinds of words or sentences you have trouble with.
2、3分フルで話しましょ。言葉を切らすな!カメラを止めるな!(この映画最高でしたね)もしわからない言葉でつまずいたら、違う言葉でその考えを表現できないか考える。2、3分後にはいつでもその単語なんて調べられるんだから。この練習によって、あなたの苦手な単語やセンテンスが露わになります。ひゃ〜♡

4. Focus on Fluency, Not Grammar
スムーズを意識せよ。文法は後だ!

When you speak in English, how often do you stop?
英語を話すとき、どれくらい言葉につまってしまいますか?

The more you stop, the less confident you sound and the less comfortable you become. Try the mirror exercise above, but challenge yourself to speak without stopping or stammering (taking pauses between your words) the entire time.
言葉につまればつまるほど、自信が無さそうに見えるし、あなた自身も何か気持ちよくないでしょ?そうでしょ?シャランラ!このミラーエクササイズをする上では、言葉につまったり文章の途中で止まらないように意識してみてほしい。

This might mean that your sentences won’t be grammatically perfect, and that’s okay! If you focus on speaking fluently instead of correctly, you’ll still be understood and you’ll sound better. You can fill in the correct grammar and word rules as you learn them better.
これはつまり、例え文法が完ぺきでなくともオッケーということ!正確に話すんでなくスムーズに話すことに意識してみると、案外分かってもらえるし聞こえもいいです。文法や語法は適宜学んでいけばいいんです。

5. Try Some Tongue Twisters
早口言葉をいくつか試してみよう

Tongue twisters are series of words that are difficult to say quickly. One example is: “The thirty-three thieves thought that they thrilled the throne throughout Thursday.” Try saying this a few times! It’s not easy.
英語にも早口言葉はあります。「ブラジル人ミラクルビラ配り」と3回言ってみましょう!案外難しいぜ。

Word games like this will help you find the right placement for your mouth and tongue, and can even help your pronunciation. You can find a list of great tongue twisters here.
こうした言葉遊び(と言うのか?)は口と舌の適切な位置を見つけるのに役立つ(本当か?)上、発音の上達にも一役買います(本当か?)。早口言葉リストを作ったので、参照されたし。

6. Listen and Repeat
聞いて聞いて聞いて聞く

Do you watch TV shows or YouTube videos in English? Use them to improve your fluency. Choose a short part of a show and repeat it line by line. Try to match the tone, speed and even the accent (if you can). It doesn’t matter if you miss a few words, the important thing is to keep talking. Try to sound just like the native speakers on the show.
テレビ番組やYouTubeを英語で見ることはある?見てないならはよ見ろ。上達のためじゃ。短い番組や動画を一行ごとに繰り返してみる。トーンとスピード、そしてできればアクセントも完コピする。ちょっとやそっと間違えたところで問題ないです。ただネイティブみたく聞こえるようにするんす。

(宣伝部分割愛)

7. Pay Attention to Stressed Sounds
強調表現にはい注目!

English uses stresses in words and sentences. That means you’ll need to stress, or emphasize, certain words and syllables (sounds) to give words and sentences different meanings.
英語という言語はですね、単語と文章を強調するんですよ。つまり日本人のあんたでも同じことをする必要があるってこと。

Listen to where native speakers place the emphasis when they speak. Try to repeat it the same way.
ネイティブが話すときに、どこを強調しているかよく聞いてみましょう。そして、マネする。

This won’t only help you speak well, it might even reduce misunderstandings. Sometimes the placing the stress on the wrong syllable completely changes the word. The word ADdress, for instance, isn’t the same as the word adDRESS. ADdress refers to a physical location where someone lives, and adDRESS means to formally speak to a group of people.
これをすることで、スピーキングが上手くなるのみならず、今まで勘違いしていた内容に気づけるはず。変なところを強調すると、その単語の意味さえ変わってしまうこともしばしば。例えばadressのadを強調するのとdressを強調するのとでは意味が異なるよね。前者は「住所」の意味だけど、後者は「演説」の意味になるから。

Learn to hear the difference!
聞いて違いを知るんや〜

8. Sing Along to English Songs
ラララ

Singing along to your favorite English songs will help you become more fluent.
英語の歌を歌うのもおすすめ。

Once you can sing along to Taylor Swift and Jason Mraz, you can test your skills with something a bit more difficult: rap!
テイラースウィフトとジェイソンムラーズを一回歌ってみればわかるよ。ラップとか、ちょっと難しいので試してみるとかね。

Rap is a great way to practice English because often the words are spoken like regular sentences. However, the rapper uses a stronger rhythm and faster speed. Some of the words might not make sense, but if you can keep up with the rapper then you’re on your way to becoming fluent!
ラップはいいぞ〜!何てったって歌詞と違って実際の会話に近いし。ただ、ラップは結構独特だからたまにイミフだけど、まあそれでもラップに合わせて歌えるならかなり上達してきてるってことよ。

9. Learn Word Forms with New Words
新しい単語は型と一緒に覚えよう

Some practice comes before you even open your mouth. Make speaking easier by learning the different forms of any words you learn. You should do this when you’re learning new vocabulary. For example, if you just learned the word write, you should also learn some other forms like wrote and written.
口を開かずともできる練習があ〜る。学んだ単語のいろいろな型を知ることで、スピーキングが楽になるのであ〜る。これは新しいボキャブラリーを勉強している時にすると効率が良い。例えば、もしちょうど”wite”という新しい単語を覚えたとき、その過去形と過去分詞の”wote”と”witten”も一緒に覚える的なね。

Knowing the correct way to use a word in any kind of sentence is important. This knowledge will help you while speaking. You won’t have to stop and think of different words—you’ll know exactly when you need to use that word while speaking.
どんな文章であれ、正しい単語の使い方を知ることも大事。この知識はスピーキングにも役立つんだから。思考を停止するな!常に別の単語について考えよ!さすればスピーキングの際も、この手間暇がいかに大事だったかがいずれ分かるであろう〜。

10. Learn Phrases, Not Words
フレーズで覚えよう

An even better idea is to learn word phrases, not just words.
ただ単語を覚えるんじゃなくて、フレーズで覚えるようにできればもうワンランク上だ。

You might be using correct grammar and vocabulary, but it’s still not how a native speaker would say it.
正しい文法とボキャブラリを使っているかもしれない、けど、それはまだまだネイティブが使うような言い方じゃない。わかるよね?

For example, you can say “how do you feel today?” but a native speaker might say “how’re you doing?” or “what’s up?” instead. Phrases and expressions can be helpful for sounding more natural when you speak.
たとえば、”how do you feel today?”と言ったとする。けど、実際のネイティブはそんな風に言うことは多分なくて、”How’re you doing?”とか”What’s up?”とかって言ったりするのよ。フレーズで覚えるっていうのはつまりそういうこと。「文法的には合っていても自然じゃない話し方」から卒業するために、この練習は役立つよ。

11. Learn Your Most Common Sayings
口癖に気づけ

Take some time to really notice how you speak in your native language.
日本語でどう話しているかをちょっと考えてみましょ。

What words and phrases do you use the most often?
どんな単語やフレーズをよく使ってる?

Learn how to say your most commonly used phrases and words in English. Knowing them in English will help you speak as well in English as you do in your native language.
そういう言葉を英語でどう言うのか調べてみよう。英語でどう言うのかがわかれば、日本語と同じように英語も話せるようになってくるはず。

12. Prepare for Specific Situations
状況に合わせた準備が肝

Are you learning English for a specific reason? For example, are you learning English so you can get a job in an English-speaking company? In that case, practice English that will help you in an interview. Are you learning English so you can make friends in America? Then you would need a different kind of English.
英語を勉強する理由は何?社内公用語が英語の会社で働くため?それなら、英語の勉強の成果は面接で発揮されるよね。それとも、アメリカで友達を作るために勉強してる?それなら、面接のための英語とは違ったアプローチが必要よね。

Before you go to a place where you have to speak English, you can practice what you might have to say. If you’re preparing to go to a restaurant, what might conversations in a restaurant sound like? Answer the questions a waiter might ask you. Try talking about food and menus.
英語を使わなきゃいけないまさにその状況になる前に、必要になるであろう表現を前もって練習しておこう。もしレストランに行くために準備しているなら、その時必要になる会話って例えば何だろう?ウエイターがするであろう質問を考えよう。食事やメニューについて話してみよう。

You’ll feel more confident if you’re prepared!
準備しておけばその分気分よく過ごせるはずですよ。

13. Relax!
肩肘はるでない

You can be your best helper or your worst enemy when learning to speak fluently! We know it’s hard, but you should try not to worry about how you sound when you speak. Just relax!
英語が上手くなるように勉強しているとき、自分自身が敵にも味方にもなりえる。もちろん勉強は大変だけど、でも自分がどんな風に話しているか心配しすぎてもいいことないし、とにかくもうちょっとリラックスすることも必要。

If you get stuck or confused, just take a big breath and start over. Speak slower if you have to. Take time to pause and think about your next sentence.
もし言葉につまってしまったり混乱してしまったら、まず大きく深呼吸して、それからまた再スタートを切ればいいんじゃん?ゆっくり話してもいい。次の言葉を考えるのにたっぷり時間を取ってもいい。

Do whatever it takes to become more comfortable with speaking English.
自分の気持ちいいようにやるのが一番!

14. Tell a Story from Your Language in English
自分の言葉で、英語で話す

Here’s a fun way to test how well your spoken English has developed: choose a story that you know really well and tell it in English.
英語がどれくらい上達したか、テストするのに面白い方法がある。自分が詳しいことについて英語で話すんだ。

Remember to think in English as you’re telling your story. Focus on speaking fluently instead of correctly. Say every sentence out loud to yourself.
その時、話す内容は英語で考えること。正しくというよりも、スムーズに話すことに集中しよう。一文一文を、自分自身に、大きく声に出してみる。

Even if you have nobody to talk to in English, you can still build confidence and master fluency on your own time.
英語で話せる人が一人もいなくても、自分一人の時間があるだけで英語はスムーズに話せるようになるし、それによって自信もつけられる。

In some ways, practicing speaking is even easier by yourself!
自分でやった方が簡単なことだってあるよ。
レッツトライ〜